投稿を見る
自己紹介.
筑波大学 情報科学類でデータ分析の方法を学びながら、蹴球部で選手としてもプレーをしています. 現在はスポーツとデータサイエンスを結ぶアナリストになれるように必要なスキルを身につけたいと思っています.ゴールはデータからスポーツを攻略することです.
筑波大学に在籍している内に大学サッカーでデータを見る文化を作り上げたいです.

2016 -
情報科学類・蹴球部
2016 夏
SSH 全国発表
初めてスポーツの動きを科学的に見る
2015冬
プログラミングを始める
学校の課題のためにC#を学ぶ
200?-
サッカー人生スタート
遊び時間はいつも友達とサッカー
1997-2009
ロンドン在住


投稿


研究成果

まだなにもありません!

いまのところ手掛けているもの:

  1. 動画からの姿勢推定

  2. トラッキングデータを用いたサッカーのスコア予測

  3. サッカーキックのスキルグルーピング

などです.2018年中に成果を発表できるように頑張ります.
もっと見る
画像測定と表計算を用いた運動解析ツールの開発
サッカーキックにおける体の動かし方を画像測 定と表計算を用いて解析し,よりよいキックがで きるように実用的なトレーニングメソッドを作成 できるようにするため,専門的な知識がない人で も,スポーツの種類にかかわらず,ある動作におけ る体の動かし方を確認できるツールを開発しました.
Atom Scott
SSH 2015



グループ・チームプロジェクトなど

筑波大学蹴球部パフォーマンス局データ班
視点を変え、サッカーをデータから見て解析しているデータ班は「大学サッカーのデータ解析を牽引」するチームになれるよう日々スキルを磨いています.現在は15人で活動し、蹴球部のデータ収集・可視化、勉強会、コンペへの参加などをしています. スカサカで少し取り上げられていただきました.ここで動画が見れます!
蹴球部×LIGHTz
データ班の活動の一つに株式会社LIGHTz様と共同研究があります.サッカーのゲームをシミュレーションしたり、トラッキングデータから選手の評価を数値などを目標にやっています. 開発中なので、詳しくはまだ言えません.
パーソナルリハビリトレーナー
蹴球部で学生トレーナーをしている大野隆滉さんと共にスポーツのケガでも最も多いケガの一つである捻挫のリハビリを管理する人工知能を活用したアプリケーションの開発を進めています.トレーナーと一緒にリハビリができない方向けに、スポーツの新常識になっていけばと思ってます. 筑波大学人工知能科学センターの研究テーマとして考えているプロジェクトです.
もっと見る
The Footballers Manual
My first book! All I did in school was play football, all I thought about was how to get better. As my hormones started to take control, I took aa turn and instead of actually practising to get better I started to search for more efficient training methods. Sometime in high school, I put all my findings together in a 200-page book. Although not publicised, its rather impressive when you consider that I wrote it when I was 16.
There isnt much more to show :\

その他


Atom Scott