サッカーのハイライトビデオの作り方

Movie MakerからPremiere Proへ 

データスタジアムのアナリスト育成講座や茨城県国体のビデオ編集スタッフを通してサッカーの映像を編集する技術が必須であった.

最近まではPCにデフォルトで導入されていたMovie Makerを使って動画を編集していたため,動画を切って貼り合わせるだけの作業は効率的に行えていたが,それ以上のことはあまりできなかった.

Movie Maker と Premiere Pro の比較

そこで機能がもう少しある動画編集ソフトのお試し版を使ってみたが,購入しないとウォーターマークが入ったりしたので本格的に勉強する気が起きなかった.

最近,後輩と割り勘すれば月額1000円でPremiere Proが含まれたAdobe Creative Cloud が使えるということが分かったので,ダウンロードした.これがかなりいい判断.けっこう使いやすいし,色々機能がありそうだった.

Premiere Pro で動画を作る過程

いきなり細かいところまで書くのは面倒で,たぶん多くの人がこの投稿を見ることはないので,自分のメモ程度に書いていく.

ハイライトビデオ・タクティカルビデオ作成

  1. 動画をインポートする・見る・切る

動画をインポートする・見る・切る

番号については下記参照

①メディアブラウザー:ここから動画を選択してインポートする

②タイムライン:動画や音声などからシークエンスを作成する

③ソースモニター:シーケンス内の動画を編集する

④エディティングワークスペース:シーケンスを超えての編集

他にも多くのパネルがあり,Windowなどから選択し,表示できる.

動画を見る

サッカーのハイライトを作るので,まずは動画をじっくり見る.すでに一度見たことのある試合であるならば,再生速度を速めて(J)見よう.また,気になるところがあればマーカー(M)をつけてメモを取っておこう.

他にも使えるショートカット

マーカーを使うことで動画を全部見てから,切り取り作業に入れるので効率が良い.また色分けやコメントも残せるので,色でソートさせたりしたり,コメントを見返して重要だと思った理由を振り返ることができる.

マーカーは便利だ

必要な部分以外は切り捨てる

試合を全部見て,マーカーを付け終わる以下のようになるはずだ.

映像を見るときにはソースモニターをドッキングから解除すると大きな画面で見ることができるため見やすい.この試合でのマーカーの色は次のように設定した:

ピンク → 試合開始やハーフタイムなどのタイミング

青 → 相手が良いプレーをしたシーン

水色 → 相手がゴールしたシーン

赤 → 自チームが良いプレーをしたシーン

オレンジ → 自チームがゴールしたシーン

今回,作成しているのはハイライトビデオなので別け方はこれで十分なはず.ここにタクティカルな分析が加わると,もう少し細かく見たいのでより多くのマーカーを使うだろう.また,タイムラインの最後にたくさんのマーカーがあるのはPK戦が最後にあってそれぞれのキッカーにマーカーをつけたからである.

シーンの切り取り

この作業に関してはまだ効率的な方法が見つかってなく,ただひたすらレーザーツールでマーカーを付けておいた部分を切っていく.

5分ぴったりの映像になった.

上手くいくと上記のようになるはずである.

ここではマーカーが外れてしまったが,マーカーを保持したままレーザーツールで切ることもできるらしい?

次は文字などをつけてしっかりとしたハイライトに仕上げていく.

ハイライトビデオ用の特別加工

グラフィックを用いてテンプレをつければ,一気に品質が上がる!

メディアへの書き出し

最後にメディアへの書き出しを行えば終了.けっこう時間かかるので,余裕を持っておくが大事!

まとめ

Premiere Pro を使ってサッカーの動画を作成する基本的な流れは伝えられたと思うが,まだまだ効率化できるところがたくさんあるので,順次分かり次第このページをアップデートします.