Data-backed → Data-assisted ← Data-driven

(考え不足のところがあって主張に穴があると思いますが,埋めていきたいと思います!)

主観が重視される分野でどのようにデータは活用できるのか

最近自分の中でテーマとなっているのは,データ解析の意義である.

世の中を見渡せば,データは大量に作られており,そのデータに基づいた解決されうる課題は多くある.特に,最適化は実際あらゆる場所で使用されており,それを基礎とするAIと呼ばれてしまう機械学習の手法は未来だと考えていた.

データで客観的な議論が可能であり,サッカー界・スポーツ界でデータドリブンなカルチャーを作るために大学サッカー界の分析から牽引していくという目標間違っているのか.
サッカーのデータを見るようになって2年.少し疑問を抱くようになった.

最初は違和感だった.

遠くを見れば,フェイスブックやグーグルといった企業はAIに力を入れ,世界をリードしている.IBMはデータを現代の通貨と呼んでいた.しかし,私の周りの成功者は一貫して “Data is not answer”という態度を取っている.だがそれは決してデータに基づいた分析をないがしろにしている訳ではなかった.むしろ逆で,全員データを重宝していた.

データを重要視しているのの,あえてデータドリブンにならないところに違和感を覚えた.

データで自分の意見を強くする Data-Backed思考


世の中の多くの分野では,現象を数値化して分析しても限界がある.

それはデータの量が足りない,適切でないデータしか取れないetc. 様々な理由があるかもしないが,どのみち分析屋さんにデータを投げて改善しないことがたくさんある.

主観的分野のエキスパートたちは経験や感性で意識決定をして成功を収めているからいままでデータからなにかを読み取る必要もなく,データはただただ自分の意見の根拠となりうるものでしかなかった.

*裏付けるデータのところは全部空想です.

データは嘘をつく

Data-Backed思考の人はセレクティブにデータを選んで分析方法を変えることで,どんなデータでも自分の意見を裏付けるための根拠となりえることを知っている.

そのため,彼らは他の人がデータで自分の主張を裏付けても(要するに他のData-Backed思考の人と会っても)データをあまり見ないだろう.

→ 折れ線グラフの伸び率を大きく見せるトリックとは?(第5回)

データを頼りに自分の意見を作るData-Driven思考

Data-Assisted思考ができないといけない

他の考え方

https://www.infoworld.com/article/3074322/big-data/what-is-a-data-driven-company.html
The evolution of the data-driven company

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *